眼鏡がキリっと似合うスーツOLはどんな時も股を開くご奉仕秘書

670

真面目に秘書の仕事をしようと意気込むも、ご奉仕秘書に任命される眼鏡OL。

「君はどんな時も誤報ししなければならない」と言われ抵抗する間もなく・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする